当然、メリットがなければ割安株を買う意味がないですよね?

 

いったいどんなメリットがあるのかを3つ紹介していきます。

 

 

■メリット1:少ない資金から始められる

 

割安株の価格は100円単位から10,000円単位までさまさま。

 

でも大半の割安株の株価は、

 

・100円単位
・1,000円単位

 

がほとんど。

 

つまり、株を始めたばかりで資金が少ない場合には、とても強い味方になるのです。

 

経験を積んだり、場数を踏むのにも最適といえるでしょう。

 

 

■メリット2:その後の株価の上昇率が期待できる

 

割安株とは、業績や将来性などから本来もっと株価が高くてもいいのに、安い株価であること。

 

ということは株価が安いときに割安株を買っておけば・・・

 

 

「その後株価が上昇して利益が出やすくなる」

 

 

ということです。

 

 

■メリット3:損失が少ない

 

もちろん株をやる以上、損をするおそれはゼロとはいえません。

 

しかしメリット1で書きましたように、割安株は安い株価がほとんどですので、株価が大きく下がったとしても損失が少ないということです。

 

たとえば1株1,000円の株と100,000円の株をそれぞれ10株買ったとします。

 

この時点でそれぞれの株の価値は、

 

 

・1,000円の株:1,000円 * 10株 = 10,000円

 

・100,000円の株:100,000円 * 10株 = 1,000,000円

 

 

となります。

 

ところがその後、全面的に株を売られる展開となり、株価が20%下がったとします。

 

すると、それぞれの株の価値は、

 

 

・1,000円の株:800円 * 10株 = 8,000円(2,000円のマイナス)

 

・100,000円の株:80,000円 * 10株 = 800,000円(200,000円のマイナス)

 

 

となり、株価自体が安ければ、下がっても損失が少ないということです。

 

 

これら割安株を買う3つのメリットをまとめますと、

 

 

■メリット1:少ない資金から始められる
■メリット2:その後の株価の上昇率が期待できる
■メリット3:損失が少ない

 

 

となります。